日本宅配システム株式會社

不在時も荷物が受け取れる宅配ボックスの日本宅配システム株式會社です。

アフターサービス

保守管理がなぜ必要か?

宅配ボックスは、宅配業者、入居者、そのほか不特定の方がご利用になるため、1~5などのトラブルや、問い合わせの可能性があります。

  1. 操作方法がわからない
  2. 部屋番号間違いによるお届けミスが発生
  3. 故障により扉が開かない
  4. カード紛失したが、荷物を取り出したい
  5. いたずら、盗難などによる利用履歴を確認したい

24時間フリーダイヤル受付

日本宅配システムは、24時間対応コールセンターが上記1~5のような煩雑な業務について、すべて対応しております。保守管理契約の締結がない場合は、基本的にこれらの対応はコールセンターの受付対象外となり、オーナーさま、管理会社さま、管理組合さまの責任において対応していただくこととなります。

お問い合わせはこちら

管理契約概要

24時間フリーダイヤル受付

  1. 入出庫トラブル
    電話による説明によりトラブルが解消されない場合は、当社社員が現地に出動しトラブル解消に努めます。
  2. 緊急事故(生命・財産が危険な状態にある場合)
    当社社員または当社代理人が、緊急出動します。
  3. 機械故障
    故障の内容により、当社技術者が出動いたします。
  4. ロッカー解錠
    誤配などによりボックスの開扉が必要な場合、特許を取得した自社開発システムにより特定のボックスを解錠することができます。

運用管理

  1. 運用データ管理
    荷物の入出庫を始めとするすべての操作データは、本機に記録し、一定期間保管します。使用状況等のデータは、随時確認が必要です。
  2. カード/暗証番号管理
    カード、暗証番号に関する初期データは、本機に登録、各物件ごとに管理しています。カード紛失、暗証番号忘れの場合、住人、または管理会社、オーナー等の要請により随時有償にて再発行します。
  3. 滞留荷物管理
    設定により入庫から一定期間を経過すると、着荷表示パネルの部屋番号が点滅し、引取を促します。

保守業務

  1. 定期点検
    年1回実施、機器点検、調整、部分交換を伴わない修理および外部清掃を行います。

荷物補償

  1. メーカー補償
    荷物の紛失、盗難に対し、調査・確認し、メーカー補償いたします。
  2. 補償金額
    1ボックス 5万~10万
    1事故当たり 15万~30万
    ※機種や契約内容により、補償対象外となったり、補償金額が異なったりする場合があります。